嬉々速 気になりました!

ニュース系まとめサイト ニュース速報や芸スポから私が気になったものを を中心にまとめてお送りしています。

スポンサードリンク

カテゴリ: スポーツ

52: :2016/07/14(木) 20:22:02.31 ID:
uZqQDK5

今まさにこんな顔してんだろうな
1: :2016/07/14(木) 20:13:14.15 ID:
 【出場選手登録抹消】

 ▽日本ハム 斎藤佑樹投手

 ▽オリックス 東明大貴投手、坂寄晴一投手

 ▽楽天 横山貴明投手、内田靖人内野手

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160714-00000143-spnannex-base

【<斎藤佑樹投手>出場選手登録抹消!…】の続きを読む

E6968EE897A4E4BD91E6A8B9EFBC92


1: :2016/07/14(木) 15:43:37.62 ID:
「ハンカチ王子」こと日本ハム・斎藤佑樹投手(28)が、出版社社長に「おねだり」し、ポルシェなどの提供を受けていたと14日発売の週刊文春が報じた一件で、
本紙専属評論家の伊原春樹氏が「ふざけんじゃないよ!」と一刀両断した。いわゆる「タニマチ」がいることはスター選手の証明でもあるが、結果が伴わない現状ではイメージは最悪。

13日のオリックス戦(京セラ)に先発し、5回無失点ながら今季未勝利の佑ちゃんの立場は悪くなる一方だ。

斎藤がポルシェなどの提供を受けたとされたのは、早実、早大の先輩でもあるベースボール・マガジン社の池田哲雄社長。

週刊文春では「社長は昨年夏ごろから会社のカネで、斎藤にポルシェを提供しています」「ベーマガの関連会社でリースして、それを斎藤に又貸しすることにしたのです」などと、
同社社員の証言を掲載したが、本紙の取材では斎藤は月12万円ほどのリース代を支払っていた。池田社長は文春報道を受け、役員会議を開き
「きちんとリース代はとっている。やましいことは何もやっていない」と説明したという。

もちろん金品等の提供を受けていたとしても、いわゆる「タニマチ」からのプレゼントなら、相手が暴力団関係者などの 黒い交際”でない限りは大きな問題とはならない。
むしろスター選手の証明ともいえ、今回の一件も球団は問題視はしていないが…。
【【ハンカチ王子】<イメージは最悪>「ポルシェおねだり」「女子アナとの合コン自慢」に怒りの声 伊原春樹氏「ふざけんじゃないよ!」】の続きを読む

E6968EE897A4E4BD91E6A8B9EFBC92

1: :2016/07/13(水) 16:06:31.43 ID:
ハンカチ王子・斎藤佑樹がポルシェを提供されていた
2016.07.13 16:04

北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹(28)が、出版社社長からポルシェなどを提供されていたことがわかった。
斎藤はノーコメントだったが、提供側の出版社社長が「週刊文春」の取材に認めた。

関係者によれば、斎藤は出版社ベースボール・マガジン社の池田哲雄社長に
「鎌ケ谷の二軍練習場に通うための車が欲しい」とおねだり。価格が2000万円を超えることもある高級車ポルシェの
カイエンを希望したが、マカンの新車に落ち着いたという。マカンも価格は最低でも800万円を超える。

池田社長は、取材に「斎藤から『ポルシェが好きなんで』と言われてね。
『お前には頑張ってもらわなけりゃならないから、俺が払ってやる』と」と認めた。
他にも社や池田社長が所有するマンションを提供したこともあったという。

野球選手の金品授受を巡っては、過去に桑田真澄、水野雄仁らが処分を受けたこともあり、
日本ハムの対応が注目される。

「週刊文春」7月14日発売号では、池田社長によるポルシェ以外の利益供与についても詳しく報じる。

週刊文春
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6362

【【週刊文春】ハンカチ王子・斎藤佑樹、ベースボール・マガジン社の社長にポルシェを提供されていた】の続きを読む

1: :2016/07/11(月) 12:03:50.63 ID:
長野五輪スピードスケート男子500メートル金メダリストの清水宏保氏が、
7月18日に3時間SPで放送される『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系列、19:00~21:48)に、 都会に憧れすぎて、
スケートだけじゃなく私生活も滑り倒しちゃった先生”として出演。 都会の雰囲気に飲まれて大切なものをなくさないための授業”を行うことがわかった。
五輪金メダリスト本人による講義は番組史上初となる。

今回、 しくじり先生”として教壇に立つ清水は、1998年の長野オリンピックスピードスケート男子500メートルで金メダル、1000メートルで銅メダルを獲得。
2002年のソルトレイクシティオリンピック500メートルでは銀メダルに輝き、オリンピック4大会連続出場を果たしている。
しかし、そんな偉業を成し遂げたメダリストでありながら、結婚からわずか1年3カ月後に写真週刊誌に銀座で飲み歩く姿をスクープされ、スキャンダルでイメージが失墜。
今回の授業で、現在は地元・北海道で家賃5万円のアパート生活を送りながら若手アスリートを支えていると打ち明ける。

この しくじり”について清水は「東京に なまら”憧れていたから(※なまら=北海道の方言で すごく”の意)」と告白。
大都会の誘惑に負け、浮かれてチャラチャラした生活を送ってしまったと話をし、離婚後に待ち受けていた悲惨な逆境と、それをどう乗り越えてきたかを授業で説明。
また授業には、長野オリンピックスピードスケート女子500メートル銅メダリストの岡崎朋美も生徒として登場。
かつてリンクで共に世界に挑んだ岡崎も清水の しくじり激白”を受けて、かなりビックリした様子を見せるという。

最後は、来月開幕するリオデジャネイロオリンピックに出場する、未来のメダリストたちに向けた熱いメッセージを。
アスリートだけではなく、初心を忘れがちなすべての人々に通じる人生の教訓は必見だ。 

このほか、今回のSPでは、島田洋七も登壇。 佐賀のがばいしくじり先生”として、 人の話を聞かずに思いつきで行動して何度も同じ失敗を繰り返さないための授業”を行う。

f08baff4adc583b85fe9d73fe9c659ab
http://dogatch.jp/news/ex/40032
【【スピードスケート】金メダリスト・清水宏保、私生活も“滑り”まくり… 現在家賃5万円のアパート生活 「しくじり先生」で転落を告白】の続きを読む

o0640046412757824805

1: :2016/07/09(土) 18:07:12.35 ID:
オリコン 7月9日 17時11分配信

 サッカー日本代表MFの長谷部誠選手(32、フランクフルト)が9日、自身の公式サイトを更新。
モデルの佐藤ありさ(27)と同日に婚姻届を提出したことを報告した。

 長谷部は「僕のアプローチが実ってから彼女とは5年ほどの時を共に歩んできました」と切り出すと、
「多くの時間は遠く離れて過ごすものでしたが、彼女の持ち前の明るさと笑顔に何度も助けられてきました」と
遠距離恋愛を乗り越えた佐藤との絆についてつづった。

 さらに「これから先も楽しい事ばかりではなく、そうではない困難な事も多々訪れる事でしょう」と
語ると、ここでMr.Childrenの楽曲「Simple」の一節
『ざあざあ降りの雨を全身で受けながら  凛々と茂るあの草木の様に 強く 強く』を引用し、
「訪れるであろう困難に対しても2人で共に手を取り、笑みを絶やさず、謙虚に歩んでいきたいと思っています」と
決意を新たにした。

 同日、佐藤もブログを更新し結婚を報告。「どんな時もどんな事にも真摯に向き合う彼を心から尊敬しています。
そんな彼の背中をずっと見続け、これから先も様々な時を共に歩んでいきたいと思います」と長谷部への
思いを語った。

 長谷部と佐藤は過去にたびたび真剣交際が報じられてきたが、双方とも交際の事実については明言を避けてきた。
先月28日に入籍間近と報道された際にも、長谷部は「来月入籍する運びとなりました」と公式サイトで
発表したが、お相手については言及しなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160709-00000304-oric-ent
【長谷部誠、佐藤ありさとの結婚報告にミスチルの詞を引用】の続きを読む

20121120182612

1: :2016/07/03(日) 17:55:01.83 ID:
森喜朗氏、リオ五輪壮行会で君が代歌わぬ代表に苦言

日刊スポーツ 7月3日(日)17時49分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160703-00000140-nksports-spo


 8月5日に開幕するリオデジャネイロ五輪に参加する日本代表選手団の壮行会で、
東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が来賓あいさつを行った。

 あいさつの中で、壮行会のはじめの君が代斉唱で歌わずにいた選手がいたことに苦言を呈する場面があった。

 女子サッカーのなでしこジャパンやラグビー日本代表がW杯で涙を流しながら君が代を歌うシーンに感動したことを話すと、
「なぜ国歌を歌わないのか。選手は口もぐもぐするのではなく、口を大きくあけて国歌を歌ってください。
国歌も歌えないような選手は日本の代表ではない。そう思う」と注文をつけた。

【「国歌も歌えないような選手は日本の代表ではない」森喜朗氏、リオ五輪壮行会で君が代歌わぬ代表に苦言】の続きを読む

4: :2016/07/01(金) 13:19:03.87 ID:
VbyP10p

1: :2016/07/01(金) 13:14:46.47 ID:
 AKB48の新曲「光と影の日々」が「2016 ABC 夏の高校野球応援ソング/『熱闘甲子園』テーマソング」に決定した。
6月20日に行われた『熱闘甲子園』(テレビ朝日系)の会見には同楽曲のWセンターを務めるNMB48山本彩、AKB48横山由依をはじめとした歌唱メンバーが野球のユニフォームを意識したような衣装で登場した。
 大の野球好きを公言している山本がセンターに選ばれている一方、先日行われた「第8回AKB48選抜総選挙」で8位にランクインしているAKBの島崎遥香が歌唱メンバーに入っていないことに、ファンたちは注目している。
実は島崎が外れたのは、かつての“ある発言”が影響しているのではと、まことしやかにささやかれているのだ。
「島崎は、今年3月まで放送されていた自身の初冠番組『淳・ぱるるの○○バイト!』(フジテレビ系)で、野球のイメージについて『えー、イヤですね~なんか“汗”って感じで』とモロに野球嫌い発言をしていたことがあり、それが落選の理由だと考えるファンが多いようです。
島崎は『帰宅部が好き』と言っておきながら、『サッカー部はカッコイイですね』『野球はちょっとやっぱ……サッカーかバスケなら』『サッカーの汗はさわやかだけど、野球は臭そうなイメージ』など、とにかく野球のみをディスりまくっていましたから、
むしろこれで歌唱メンバー入りでもしていたら、ネットで叩きまくられたかもしれません。今回は、臭いものにフタの配慮だと、ファンの間ではほぼ確定していますね」(エンタメ誌記者)
 ぱるる推しのファンには今回は残念な結果となってしまったが、もしもサッカーの応援ソングをAKBが任されることがあれば、ぜひとも歌唱メンバーに入ってほしいものだ。
http://www.cyzo.com/2016/07/post_28650_entry.html
【【口は災いの元】AKB島崎遥香が高校野球応援ソングから外されたのは「野球、イヤですね~」発言の影響www】の続きを読む
スポンサードリンク

このページのトップヘ