嬉々速 気になりました!

ニュース系まとめサイト ニュース速報や芸スポから私が気になったものを を中心にまとめてお送りしています。

スポンサードリンク

カテゴリ: 痛いニュース

1: :2016/05/23(月) 16:54:44.91 ID:
4月にトークイベントで共演したお笑いタレント・ふかわりょう(41)との“大喧嘩”がきっかけで昼の情報番組で「テレビ引退」を宣言し、
しばらくメディアから姿を消していた岡本夏生(50)。彼女が、警察官を相手に騒動を起こして話題になっている。

5月17日に投稿された岡本のブログでは、彼女がクレジットカードを拾って交番に届けに行ったところ、“思わぬ事件”が勃発し、
警官と2時間10分にわたる口論を繰り広げたことが明かされている。

最終的には警官が謝罪し、岡本の“勝利”で幕を閉じたようだが、口論の理由については、
〈事の経緯が、あまりにも、長くて 今は、チカラ尽きて ブログでは、書ききれない〉としている。

戦いの火種は何だったのか。本人を直撃すると、まだ燻り続ける「怒りの声」が返ってきた。

「言われるままに届け出用紙に住所・氏名・電話番号を書いた後に『これ、どうするんですか?』って聞いたら、
『書いてくれたことを先方に伝えます』って言うんです。怖いじゃないですか、相手はどんな人か分からないわけだし。
『じゃあ自宅の住所とか削ってください』って言ったら、『情報は伝えませんけど、この書類は書き換えできません』って言われて。
【【芸能】岡本夏生「警官と2時間10分口論」の火種は何? 本人直撃】の続きを読む

1: :2016/05/19(木) 08:03:47.67 ID:
5月16日放送の『直撃! コロシアム!! ズバッと!TV』(TBS系)に元TBSでフリーの吉川美代子アナ(62)が出演。
元TBSでフリーの脊山麻理子アナ(36)のグラビア活動について叱責する場面が見られた。
この日の放送は「吉川美代子VSフリー女子アナ50人! 女だらけの禁断! 激闘バトル!」という内容で、
MCの辛坊治郎(60)と南海キャンディーズの山里亮太(39)が見守る中、
吉川アナら数名のパネラーゲストがフリーアナウンサー50人と本音の大激論を交わしていた。

番組序盤から、吉川アナが「私はアナウンサーであって、女子アナの仲間として見られるのは嫌。
アナウンサーと女子アナは違うので、女子アナは、女子アナというひとつのジャンルですね」と断言。
山里が「ピリつくね」と場の空気を和ませようとするも、脊山アナが「女子アナって決めて、
全員を一緒にして見てしまうのは、『見えてないのかな?』って思いますね」と反論した。
この発言を聞いた吉川アナは、目を細め脊山アナを睨みつけるようにじっと視線を送っていた。
【【芸能】脊山アナに「元アナと名乗るな」元上司・吉川アナが大激怒!】の続きを読む

1: :2016/05/18(水) 14:10:05.26 ID:
 ロックバンド「ミドリ」の元ボーカルで現在はソロで活動するミュージシャンの後藤まりこが、音楽活動を辞めると宣言した。

 後藤は17日夜にツイッターで「音楽、完全にやめることにしましたもうこれ以上だらだらやりたくないしこれ以上好きな音楽を汚したくない2年くらい考えてだした結果です」と明かした。

 後藤は昨年2月に体調不良のため音楽活動を休止。同年5月にツイッターで「復活 祝退院」と活動再開を報告していた。ただ、自ら表舞台に立つことは難しい状況とのことで、楽曲提供など裏方として活動していた。
【【音楽】後藤まりこが引退宣言「クソみたいな音楽業界に辟易」】の続きを読む

1: :2016/05/18(水) 10:13:27.73 ID:
大学時代のAV出演疑惑が問題となり、14年9月にテレビ愛知を退社したフリーアナウンサー・松本圭世(26)が16日、
TBS系で放送された「直撃!コロシアム!!」(月曜、後7・56)に出演。
騒動で知名度がアップしたとアピールし、「逆に感謝してます」と感謝した。

松本は2012年に愛媛朝日テレビに入社。翌13年にテレビ愛知に入社したが、大学時代に撮影したセクシービデオが問題となり14年9月に退社した。
AVは“素人ナンパ”もので、松本は大学時代にひわいな映像の撮影に参加したところ、
その映像を作品の中の妄想をかきたてるシーンに使われたというもの。
松本側は本人の許可なく使用されたとして、「被害に遭った」と主張していた。
【【芸能】AV出演疑惑で退社の女子アナ 騒動「逆に感謝」】の続きを読む

1: :2016/05/17(火) 03:33:51.60 ID:
落雷で死亡、遺族の請求棄却 EXILEなど出演の会場
2016年5月16日17時45分
 大阪市の長居公園で2012年8月、野外コンサートに向かっていた女性(当時22)が落雷で死亡した事故で、主催した2社に遺族が計約8200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、
大阪地裁であり、長谷部幸弥裁判長は「会社側に保護義務はなかった」として訴えを棄却した。

 亡くなったのは北九州市の会社員岩永牧子さん。父浩美さん(54)と母和子さん(56)が、「エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ」(東京都)などを訴えていた。
【【コンサート】遺族「EXILEを観に行く途中に落雷で死んだ」 裁判長「会社側に保護義務はなかった。自己責任」】の続きを読む

1: :2016/05/15(日) 18:31:36.57 ID:
http://img.2ch.sc/ico/button1_01.gif
はじめまして。
私は48歳で、今の会社に高校卒業から30年勤めています。
お茶汲みや給紙の仕事をしています。

現在課長をしている38歳の上司がいます。
彼は中途採用ですが、優秀な方でとてもハンサムです。
私は彼の採用時、彼を狙おうと思いましたが、結婚指輪をしていたので諦めました。
しかし、彼の奥さんに不幸があり、彼は
男1人、子供1人の生活になったんです。
彼は仕事も早く帰らないといけなくなったため子供が大きくなるまでは、出世は難しいと思います。
それでも私は甲斐甲斐しく彼に尽くそうと思います。
【【必死で作ったのに・・】48歳独身女子、職場の10歳年下イケメン上司に弁当作るも拒否され発狂へwへ】の続きを読む
スポンサードリンク

このページのトップヘ