1: :2016/05/31(火) 12:14:47.84 ID:
31日に東京地裁で開かれる判決公判で、執行猶予付きの判決が下される見込みの覚せい剤取締法違反の罪に問われた元プロ野球選手の清原和博被告だが、
金策に困り果て暴力団から借金をしていたことを、発売中の「フラッシュ」(光文社)が報じている。

同誌は清原被告と、清原被告の元タニマチだった会社社長との間で昨年1月に交わされたメールのやりとりを掲載。
その社長によると、当時、清原被告は薬物疑惑が報道されたため仕事が激減。
さらに、モデルの清原亜希と離婚したこともあって金策に困り果て、当時所有していた高級車を担保に、
六代目山口組の主流派組織である弘道会(本部・名古屋)の関係者から1500万円を借り、滞納していたいろいろな支払いにあてたという。

清原被告はその関係者から再三にわたって借金返済を迫られ、会社社長に500万円を早く返してほしいと迫る生々しいやりとりが掲載。
さらには、清原被告が父親に覚せい剤使用を打ち明けたことや、覚せい剤の誘惑が襲ってくることも会社社長に打ち明けていたのだ。
【【野球】金に困って暴力団から借金していた清原被告】の続きを読む