嬉々速 気になりました!

ニュース系まとめサイト ニュース速報や芸スポから私が気になったものを を中心にまとめてお送りしています。

スポンサードリンク

2016年05月

1: :2016/05/30(月) 14:50:27.45 ID:
日本テレビが30日、東京・汐留の同局で定例記者会見を行い、13日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜後8・57)で
テレビ復帰を果たしたタレントのベッキー(32)の同局レギュラー番組への復帰は「未定」との見解を示した。

ベッキーは同局では「真実解明バラエティー!トリックハンター」(水曜後7・00)
「天才!志村どうぶつ園」(土曜後7・00)「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)の3つの人気番組でレギュラーを務めている。
【【テレビ】日テレ会見 ベッキーのレギュラー復帰は未定「現場から提案ない」】の続きを読む

1: :2016/05/29(日) 19:17:45.31 ID:
「あのCMを見ていると、まるで石原さとみとデートをしているような気持ちになれるんですよ。
朝のラッシュ時の不快な満員電車も、映像のおかげでだいぶ気持ちが楽になっています」

30代の会社員男性はこう話す。

現在、東京メトロ(東京地下鉄)の車内にはCM放送用のモニターが設置されている。放送されるCMは多岐にわたるが、東京メトロの自社広告も流れる。
出演者が丸ノ内線、銀座線、有楽町線をはじめさまざまな路線の駅に降り立ち、その周辺の名物を食し、
名所を訪ねるというものだ。先日までは2013年から3年にわたり堀北真希がそんな「ぶらりメトロ旅」のイメージキャラクターを務めてきたが、今年4月からは石原さとみが出演している。

冒頭の男性が目を細めるのは、その石原が出演するCM第一弾。東西線の門前仲町駅周辺を訪れた石原が、カメラ目線で話しかけるという設定で映像は展開される。
あるときは公園で双眼鏡を手にバードウォッチングに挑戦する石原。また、あるときは地元に根付いた飲み屋街の立ち飲み屋で、焼き鳥や煮込みに舌つづみをうつ石原。
【【芸能】創価高校出身の石原さとみ、某CMの「創価学会タブー破り」に学会員たちが動揺?】の続きを読む

1: :2016/05/29(日) 19:34:04.51 ID:
スポーツ報知 5月29日(日)19時30分配信

まる子のお姉ちゃん役に豊嶋真千子「精一杯演じていきたいと思います」

さくらももこ(まる子)のお姉ちゃん「さくらさきこ」役の後任に決まった豊嶋真千子

 フジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜・後6時)で、主人公さくらももこ(まる子)のお姉ちゃん「さくらさきこ」役を演じ、17日に乳がんのため亡くなった声優の水谷優子さん(享年51)の後任を、声優の豊嶋真千子が務めることが29日、発表された。

 「ゲゲゲの鬼太郎」のろくろ首役などで知られる豊嶋は「水谷さんからのバトンを受け継いで、自分らしく精一杯演じていきたいと思います」とコメントした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160529-00000179-sph-ent
【【話題】まる子のお姉ちゃん役に豊嶋真千子 「ゲゲゲの鬼太郎」のろくろ首役など】の続きを読む

1: :2016/05/29(日) 20:05:08.00 ID:
スポニチアネックス 5月29日(日)17時38分配信

 林家三平が29日、日本テレビの演芸番組「笑点」(日曜後5・30)の新メンバーに加わった。6代目司会者に就任した春風亭昇太(56)の初司会となったこの日の生放送で発表された。

 1966年5月15日の初回放送から50年間レギュラー出演した桂歌丸(79)が先週22日、番組を卒業。後任の新司会者には昇太が選ばれ、大喜利回答者メンバーの席が1つ空いた。

 「笑点」に新メンバーが加わるのは2006年5月の昇太以来10年ぶり。
【【話題】「笑点」新メンバーは林家三平】の続きを読む

1: :2016/05/29(日) 22:58:39.23 ID:
 もはやエロゲーも、買わずに楽しむものになっていくのか?

http://amd.c.yimg.jp/amd/20160529-00010007-otapolz-000-1-view.jpg
【【話題】マジか? エロゲーの潜在顧客は1,803万人もいる! 売れないのは遊びたい作品がないから?】の続きを読む

1: :2016/05/29(日) 10:42:20.42 ID:
大人気漫画「鋼の錬金術師」の実写映画化が決定した。漫画「ピンポン」を実写映画化したことで知られる曽利文彦が監督を務め、
主役のエドワード・エルリックをHey!Say!JUMPの山田涼介が演じる。
漫画の実写映画化といえば「進撃の巨人」と「テラフォーマーズ」の大惨敗が記憶に新しいが、
「鋼の錬金術師」もその後を追うのではないかと早くも心配の声があがっているのだ。その理由を映画関係者はこう語る。

「『進撃』も『テラフォ』も実写映画化が決まった時、真っ先に心配されたのが舞台設定をどうするかでした。
漫画の舞台は外国で登場するのは外国人ばかりですが、映画も同じようにするのは予算の関係もあって難しい。
どうにかして日本を舞台にして、出演するのが日本人でも違和感がないようにしなければいけません。
結局、『進撃』は原作の世界観だけ生かして舞台を日本に変え、オリジナルストーリーとオリジナルキャラに変更しました。
【【映画】「進撃」「テラフォ」の二の舞?「鋼の錬金術師」実写映画化、成功の鍵はこの1点!】の続きを読む

1: :2016/05/29(日) 11:07:34.69 ID:
ダウンタウンの松本人志(52)が29日に放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で、アイドルとファンの関係について言及した。

 東京・小金井で起きた元アイドルの刺傷事件の経緯を振り返ったあと、松本は「ファンはタレントを選べるけど、タレントはファンを選べない。アイドルの追っかけ、ファンになってくると淡い恋愛感情で近づいてくるから、恋愛をできないサイコ野郎も紛れてくる」ときつい一言。

 「アイドルだから色香を武器にしているところもある」との見解を示し、「甘い香り誘っていると、カブトムシもクワガタもくるけど蛾も来る。蛾だけ排除することはできない」と持論を述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160529-00000068-sph-ent
【【テレビ】<松本人志>ファンとアイドルの関係について持論「恋愛をできないサイコ野郎も紛れてくる」】の続きを読む
スポンサードリンク

このページのトップヘ